FINAL FANTASY XV 感想

2017.01.04 Wednesday 21:57

宿命を背負わされたFF.FFはファンタジーRPGではなくFFなのだ
年末年始はファイナルファンタジー15をやり続け…恥ずかしい話クリア150時間かかりました.聞いていた話と違う.chapter8であらかたサブシナリオを終えた時点で100時間.毎日毎日モブハントや釣りに明け暮れ、ジャスティスモンスター10時間やら闘技場5時間やらとFF15の髄の髄まで楽しくプレイしていました.
最高の映像美とストレスフリーなゲームデザインを幅広い世代に提供する、この足枷にもなりかねない宿命に今作も果敢に挑戦しているところは長年の凄味ですね.
一方、やり玉にあがるのは物語の方だと思いますが、こちらも一貫してFFらしさを感じました.世間知らずの少年がクリスタルを求める旅の中で成長し、仲間とともに世界(星の運命)を救う物語――それは初代から続くファイナルファンタジーの物語です.
確かにファンタジーは人種や種族、宗教の軋轢といった現代の縮図を描くのがテーマの一つですが、そこへは注視し続けず、あくまで主人公の物語として大風呂敷を畳んだ豪腕には喝采や批判を越えた熱さを感じました.FFはFFなのだと――.

続きを読む >>>

P52周目の追記

2016.10.14 Friday 20:46
ハマれなかったのに2周目やってるとか、
ハマってるって言っていいと思うんですけど!!(キレ気味)

と言う訳で2周目やってトロコンいえあ.徒然に記録します.

1)潜入道具は自分で作れ
節制川上ちゃんホント便利ですな!1周目はコープ9止まりで毎回5,000円払って貢いでいたので、2周目の川上ちゃんは無償の愛情菩薩様でした.2周目のジョーカーさんはセンター街のジムに通いつめて6パックジョーカーさんになったせいか、「キミ着やせするタイプ?」なんて川上ちゃんの台詞が発生(いや、普通にその台詞あったのかもしれんが!).アラサー?川上ちゃん的にもDKにご奉仕とか、そりゃお金取らなくなるわな.
ところが、こちとら2周目の余裕もあってか、川上ちゃんに永久キーと予備弾作らせてセーブしてしまうという痛恨のミスをして危うく2.5周しなければならないかも…という状況に陥りました.大変苦労しました.ここ地味に要注意ですぞ!!ってたぶんこんな凡ミス自分だけやろ!

2)双子戦はヨシツネ必携
2周目はヨシツネ作れたよママァ!!2体にバランスよくダメージをいれていくのが重要な双子戦.ヨシツネ(チャージ→八艘跳び)、魔術の心得つけたマダでランダマ、光・闇反射でオーディンを私は使ってました.が戦闘のことはどうでもいいわ.双子が可愛くて可愛くて!!!総攻撃の双子ダンスな!!!なんつうか少女っぽさより宝塚みたいな倒錯さというか!!!あとカロリーヌのかっこいいかわいい攻撃モーションな…最高ですやん.
P3みたいにデートしたかったですね.せっかくたくさん遊びスポットあるし.双子と手を繋いでらんらんしたかった.P5G出たらお願いします.双子と夢の国デートして、「ふん、現実に夢の国とは俗物だな」と文句言われたい.文句言いながらキャラクターグッズ身に着けて貰いたい….ラスト、カロリーヌちゃん要素薄くなるのがわい、ものそい寂しい.

3)大鬼門:豪傑寺一味の格ゲー難し過ぎて投げる
難しいのは難しいんだけど、失敗してロードすんのがね!!特に、翌日の予定も実行する場合だったらムッキャーとゲーム終了して起動からのロード、、からの失敗でリアルタイム消費するのが本当に堪らなかったです.ゲーム本読んで有利のハズが、垢鉄のハッチにも泣かされました.全く8が出ない.確かにレトロゲーの理不尽さは分かるんだけど!!!ミニゲームのくせに!!!!ぺごで一番辛かったです.


以下、シナリオ関連の呟き

続きを読む >>>

ペルソナ5 プレイ感想

2016.09.29 Thursday 23:28

ペルソナ新作の感想
P3からのプレイヤーの感想になります.
テンション高めなP4Gの感想を思うと、P5は最後までハマれなかったです.その理由をあぐねるのは後にして、作品の出来はまずまずでしょうか.

◎良かった点
(日常)渋谷を中心として東京の街並みや人の営みを感じられる.やっぱ人多いし東京すげえなあって.ショートカット機能はあるものの、わざと電車に乗って移動したりしてましたwそういう風に歩いてる中で聞こえてくる人々の声も物語に関わってくるので、前作で使われたような歌唱ありの劇伴は使われなかったのでしょうね.楽しみにしていたけど、ここは仕方ない.
欲に走った大人たちが出てくるのもこの街ならではですし、同時に、そういう大人たちが子どもたちの身近にいる現代社会の縮図もちゃんと伝わってくるところは、アトラス!って思いました.
(コミュと戦闘)コミュ上げをしていくと戦闘に有利になってくる――メインキャラだけではなく、サブキャラにいたっても戦闘アドバンテージに大きくかかわってくるのが良かったです.星コミュや太陽コミュはあるのとないのとでは大きく違いますしね.
(戦闘面)即死系魔法ハマ・ムドにダメージ付加のコウガ・エイガが出来たのは地味に有難かった.念動・核熱属性も単にweakを突くだけではなく、状態異常の敵に有効という点がユニークで戦闘がマンネリ化を防いでいたと思う.結果、今作状態異常をどう利用するかが面白かったし、敵側に使われるとパトる羽目にもなった.
そこで確実にバックアタックを取らなければならない――そのエンカウント時に、怪盗ちっくにステルスアクションを行うのがとてもカッコ良かったです.
パレスのギミックもまあメンドクサイことこの上なかったですがゲームデザイン的には素晴らしいのではないでしょうか(苦笑)

日常や戦闘システムは更に洗練されて、オサレ感増していました.ネタバレのない範囲ではこんな感じでしょうか.あとは好きズきの問題かな.
以下キャラクター評やらもう少し突っ込んだ感想を展開します.

続きを読む >>>

ウィッチャー3 ワイルドハント

2016.08.05 Friday 17:28

なが〜く、おも〜い、ダークファンタジーアクションRPG
周りが討鬼伝2をプレイしている最中、ウィッチャー3をクリアしました.PS4買ったもののスカイプの代わりのような、勿体ない使い方をしていたので(汗)んで、ちょうどPSstoreでセール中だったのでなんとなくプレイしました……が、寝食忘れる程ドハマりしておりました(熱中度的に幻水2以来かもしれない)

舞台はニルフガード帝国とレダニア王国の戦火の最中、養女シリラ(白髪の少女)が謎の悪鬼集団(ワイルドハント)に狙われ、行方不明になっているところから始まります.広大な世界で少女を捜すお父さんゲラルトがプレイヤー.凄腕のモンスタースレイヤーですが、私が操作するのでへっぽこエロオヤジかもしれない.村や町のクエストを受けたり、メインストーリーに絡むクエストを進めることで物語を進めていきます.シリーズ3作目ということもあって国家や登場人物たちの設定も複雑ですが、初見は「分からないなりになんとなく分かる」程度の理解力でいいような気がします.それでも十分に面白いです.(どうやらシリ関係の設定は今作初めてお披露目されたようです)
トレーラーにもあるように種族や魔術師の弾圧など重い設定にはじまり、お茶目な会話の選択肢や風変りなクエスト、二人の女魔術師とのラブロマンス.とにかく物語はてんこ盛り.
難易度も簡単なものからデスマーチまで4段階選べて、プレイ中も難易度が変えられます.私はずっと一番簡単なモードでプレイしていました.魔法やアイテムの使い方など慣れるまで時間が掛かりましたが、色々できて面白かったです.(爆弾からの出血弓からの魔法イグニからの攻撃みたいな)

と、良いことしか書いていませんが、バグや装備品の管理などのUIに頭を抱えることもしばしば.私が一番困ったバグは潜水できないバグかな.ボタンが利かないのはどうしようもない.またノヴィグラドのデータ読み込みの甘さ.鍛冶屋はいつもいない的な(苦笑)瞑想したりマップを切り替えたりしてようやくロードが完了されるので、なんかもう慣れたというか、鍛冶屋のおじいちゃんはトイレが近くて作業所にいないと思ってます.
デスマーチしようかアペンドディスクプレイしようか迷ってますwという訳で、もうしばらくウィッチャーさんの世界で遊ぼうと思います!(まだ拳闘と競馬やってないし!)ではでは以下はネタバレ含めつつ、物語についての感想をば.

続きを読む >>>

オーディンスフィア レイヴスラシル

2016.01.23 Saturday 06:41

物語は美しい叙事詩、操作は単純爽快!オデン最高!!
一気にプレイしてしまいました!オーディンスフィアレイヴスラシル面白かったです!
『オーディンスフィア』はヴァニラウェアさんがPS2で2007年に発売したソフトです.PS2最後の時代ですね.当時もグラフィックが綺麗で素晴らしかったのですが、如何せんスペックが足りなかった.オデット戦で何度処理落ちしたことか.今回リファインされ新しい要素も加わり、とてもプレイしやすい作品になっていました.
余談ですが、どうやら私はPS2の時は最後枝葉の部分をプレイしていなかったみたいで…今回、初めてバッドエンド見ました.これがくっそ萌えた.本編ルートも相当萌えたのですが、萌殺されてへっぽこゲーマーの目にも涙ですよ.ホント面白かったです.ホント買お?買って語ろうぜ…主にイングウェイとかオニキス王とかさ…!とりあえず私はサントラを買うためにエビデンを覗いている.

公式
http://atlus-vanillaware.jp/osl/

続きを読む >>>
| 1/5PAGES | >>