P52周目の追記

2016.10.14 Friday 20:46
ハマれなかったのに2周目やってるとか、
ハマってるって言っていいと思うんですけど!!(キレ気味)

と言う訳で2周目やってトロコンいえあ.徒然に記録します.

1)潜入道具は自分で作れ
節制川上ちゃんホント便利ですな!1周目はコープ9止まりで毎回5,000円払って貢いでいたので、2周目の川上ちゃんは無償の愛情菩薩様でした.2周目のジョーカーさんはセンター街のジムに通いつめて6パックジョーカーさんになったせいか、「キミ着やせするタイプ?」なんて川上ちゃんの台詞が発生(いや、普通にその台詞あったのかもしれんが!).アラサー?川上ちゃん的にもDKにご奉仕とか、そりゃお金取らなくなるわな.
ところが、こちとら2周目の余裕もあってか、川上ちゃんに永久キーと予備弾作らせてセーブしてしまうという痛恨のミスをして危うく2.5周しなければならないかも…という状況に陥りました.大変苦労しました.ここ地味に要注意ですぞ!!ってたぶんこんな凡ミス自分だけやろ!

2)双子戦はヨシツネ必携
2周目はヨシツネ作れたよママァ!!2体にバランスよくダメージをいれていくのが重要な双子戦.ヨシツネ(チャージ→八艘跳び)、魔術の心得つけたマダでランダマ、光・闇反射でオーディンを私は使ってました.が戦闘のことはどうでもいいわ.双子が可愛くて可愛くて!!!総攻撃の双子ダンスな!!!なんつうか少女っぽさより宝塚みたいな倒錯さというか!!!あとカロリーヌのかっこいいかわいい攻撃モーションな…最高ですやん.
P3みたいにデートしたかったですね.せっかくたくさん遊びスポットあるし.双子と手を繋いでらんらんしたかった.P5G出たらお願いします.双子と夢の国デートして、「ふん、現実に夢の国とは俗物だな」と文句言われたい.文句言いながらキャラクターグッズ身に着けて貰いたい….ラスト、カロリーヌちゃん要素薄くなるのがわい、ものそい寂しい.

3)大鬼門:豪傑寺一味の格ゲー難し過ぎて投げる
難しいのは難しいんだけど、失敗してロードすんのがね!!特に、翌日の予定も実行する場合だったらムッキャーとゲーム終了して起動からのロード、、からの失敗でリアルタイム消費するのが本当に堪らなかったです.ゲーム本読んで有利のハズが、垢鉄のハッチにも泣かされました.全く8が出ない.確かにレトロゲーの理不尽さは分かるんだけど!!!ミニゲームのくせに!!!!ぺごで一番辛かったです.


以下、シナリオ関連の呟き

4)奥村パレス前のモヤモヤやりとり
前段階があるにせよ、全会一致の原則に竜司は従っただけなんですよね.そこを「リュージおまえ日和やがって」みたいなモルガナの台詞で仲違いするエピソードなんですが、2周目でもこの部分に無理があるなあと.モルガナが離脱して春ちゃんと行動する流れを作りたかっただけなのがモヤるし、自分はココに居ていい人間なんだろうか…って部分はP4のクマちゃんのエピソードと被るのがまたモヤるしで、暗雲の9月ですよ.
加えて、奥村パレスに潜入する理由はハルの身請け(身請けまで〇日って表現もえげつねえ)だったのに、後々、理由が大衆の声に乗せられたのも理由の一つだった〜みたいな風に変わってて、いやいやそうじゃないだろ?潜入する前の段階でもそれに悩んで、結果ハルのために動こうってことになったじゃねえか!!
もちろん、プレイヤーを不安にさせるようなシナリオの展開はあっていいと思うんです.物語ですから.だけど書いてることが一転二転してることが気持ち悪かったし、気持ちや目的が揺らぐ若者像を1キャラクターに任せてしまったのもウーンってなるし、そこでプレイヤーの分身である主人公が動かないから尚更もやもやもやもや….
と、まあ、文句はこんなもんか.

5)喜多川祐介が絶景かな
2周目もゆーすけが可愛かった.夏休みのゆーすけ率が高いの校舎が使えないとかですかね!とか妄想したり、もっといろんな場所に遊びに行きたかったです.明治神宮で恋愛祈願するのが好きです()
あと最終盤、主人公が地元に帰る時、彼だけが主人公の前科のこと気にしてるのがすごく嬉しかったです.もうさ…所持金百万単位であるんだから23区内で苦学生したらいいよってわしも思った.たぶん地元つらいよ.なんにもないところって人目や噂がつきまとうだろうし.でも、きっと周りの子たちが理不尽な社会と戦い続けるのを見てるから、ああいうラストを選んだのかなあって.なんつうか…ペルソナ能力引き継いでこれからも怪盗やってて欲しかったなあ無理だけど!主人公の将来だけはなんだか想像できない(苦笑)

とりあえず今思ってるのはこれぐらいかな.プレイ終わっても、なんだかんだで思うことがぽこぽこ出てくるので、もうしばらくペルソナ5楽しんでいきたいですねえ.
(とりま〆)

・戦闘曲、もう1パターン用意してほしかったかな.特に例のアレ戦.

              
この記事のトラックバックURL
トラックバック
             

コメント
コメントする









ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。