FINAL FANTASY XV 感想

2017.01.04 Wednesday 21:57

宿命を背負わされたFF.FFはファンタジーRPGではなくFFなのだ
年末年始はファイナルファンタジー15をやり続け…恥ずかしい話クリア150時間かかりました.聞いていた話と違う.chapter8であらかたサブシナリオを終えた時点で100時間.毎日毎日モブハントや釣りに明け暮れ、ジャスティスモンスター10時間やら闘技場5時間やらとFF15の髄の髄まで楽しくプレイしていました.
最高の映像美とストレスフリーなゲームデザインを幅広い世代に提供する、この足枷にもなりかねない宿命に今作も果敢に挑戦しているところは長年の凄味ですね.
一方、やり玉にあがるのは物語の方だと思いますが、こちらも一貫してFFらしさを感じました.世間知らずの少年がクリスタルを求める旅の中で成長し、仲間とともに世界(星の運命)を救う物語――それは初代から続くファイナルファンタジーの物語です.
確かにファンタジーは人種や種族、宗教の軋轢といった現代の縮図を描くのがテーマの一つですが、そこへは注視し続けず、あくまで主人公の物語として大風呂敷を畳んだ豪腕には喝采や批判を越えた熱さを感じました.FFはFFなのだと――.

◇◇◇
さて綺麗に総評書いたんだから、些末な部分で批判しようじゃないですか!(笑)
そこまで強い否定は沸かないのですが、それでも言いたいことはありますよね.ええ特に物語.FFをプレイしていたはずが中盤越えるとバイオハザードみたいな話になって、ラストは女神転生のアトラスさんっぽさすら感じましたからね.風呂敷の畳み方が豪快すぎて噴きました.

◇KINGSGLAIVE FF15を視てからプレイすると――
ゲームの前日譚にあたるキングスグレイブを視聴するのとしないのとではFF15に対する感触も変わってきます.
映画KINGSGLAIVE FF15 公式ページ
http://www.jp.square-enix.com/kingsglaive/
ゲーム本編は王子の視点で悪の帝国を滅ぼす勧善懲悪な物語として成立しています――今時珍しいぐらいに悪を悪として描いたのは逆に好印象なのですが――ノクトたちが正義を唱える傍らでルシス王国の負の側面を描いたのがキングスグレイブFF15になります.わたしは本編プレイ中に気軽な気持ちでデジタル版をレンタルしたのですが、かなり重たい作品で驚きました.
ルシス王国の崩壊した原因が、その後本編でも描かれるのかなと注意しながらプレイしていましたが…そこへは絶対触れなかったのが印象的でした.物語として、民族の軋轢的な物語の方が読んでみたかったです.

◇帝国とはなんだったんだ……
民族の軋轢に続く話なのですが、領土を帝国やシガイに蹂躪され荒廃していることにノクトが憤りを感じないのが不思議でなりませんでした.そもそもプレイヤーとしてどこからどこまでが自領土でどこからが帝国領なのかチュートリアルを見ないと分からない仕様という.地政学的情報皆無なんだもの.そんなレスタルムの占領に至る中盤の展開のユルさとヌルさには正直辟易としていました.(レガリアは捕縛されて王子たちだけ外に出されたとかね.あれは一体何の意味があったんですか?)帝国に占領されてもレスタルムもオルティシエの自治もそこそこに安定していて、割と皇帝さん有能なんじゃね??と思っていたら、そのままフェードアウトしてしまうし.なんなんでしょう.
また皇帝と同様に重要なポジションであるルーナの兄レイヴス.描写不足でキャラブレしてて本当に残念でした.彼のような好敵手(許婚の兄ですし)とは何度も戦って拳で語り合いたいキャラクターだと思うのですが.…….ルシス王へのわだかまり、そして想像でしか語れませんが、神凪の妹とは異なるやり方でテネブラエやテネブラエの民を護りたかったのではないでしょうか.彼もまた王子として、ノクトの前に立ちはだかる物語であればもう少し劇的な話になっていたのでは…と思います.

◇戦争と神話が噛み合えば……
帝国も途中で勝手に自滅するわ、辛うじて六神は出したものの神話も消化不良だわ.亡骸と化した女神だったり、帝国領にある王家の墓だったりなんだか物語がありそうですよね.
他のRPG作品を思うと、FF15のサブクエが物語の地盤を作る材料にもなっていないのが困ったところでした.戦争のことだったり、神話のことだったり、そこで暮らす人々の思いだったり.細かい設定をサブクエストとして物語に落としこむ努力をしていればと…思います….ga、それがFFなのかと言われるとそうでないような気もします.
再び蛇足ですがウェナス上流に行くサブクエ多過ぎですよ.広い世界なのだからせめて分散してください.

◇なんだかんだ言って4人の旅が楽しかった
これに尽きます.何気ない日常の積み重ねがノクトの最後の答えへと繋がっていきます.stand by me が琴線に触れました.これはずるい演出ですね.ぐっときました.DLCで各キャラクターの物語がどれだけ掘り下げられるか分かりませんがとても楽しみです.
ゲームクリア後も遊べる要素があるのでもうしばらくFF15の世界でノクトたちと楽しく生活しようと思います.やあ…やっぱり色々な意味で凄い作品には違いないですね!お疲れ様でした!

              
この記事のトラックバックURL
トラックバック
             

コメント
コメントする









ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。